婚活はじめます日記

25歳、独身女

社用のメールアドレスを持っていません

普段の仕事は内輪で完結するのでいらないです。

ただ、欲しいなってときもあります。

 

「若手」だからと交流会みたいなのに参加させていただけるのですが、基本的にそれきりで終わってしまいます。

 

先日、何度か顔を合わせた同業他社の品質管理部門の人に「同じ品質管理部門だってことを思い出して連絡取りたかったんですけど名刺に連絡先がなくて困りました。教えて頂けませんか?」と言われました。

「勤めている工場では課長以上の役職じゃないともらえないので社用のものはないです。私用のものでもいいですか?」と聞いたところ、「それなら課長さんに直接連絡とりますね」と返されました。

 

これってちょっと凹みます。今までもこのような会話を繰り返すたびに「品質管理部門の若手のだからって参加させるんじゃなくて、連絡先を持ってる人(平社員でも総務や設備部門の人は持ってる)が参加してくれよ」って思います。

 

顔を売っておく・繋がりを作るのも大事な仕事って言われますが、勤めている工場では女は役職持ちになれないで平社員のままで定年を迎えるし、平社員だと社用の連絡手段はもらえないままだし、なんで交流会に行ってるんだろうと疑問に思います。仕事の繋がりというよりは婿探しに行かされてるのだろうか、もしかして。早く寿退社して辞めろってこと?

 

予定は未定なものの、結婚だって出産だって機会があればしたいなと思っているので安易に転職って選択肢を取るのもいかがなものかと踏みとどまっています。しかし、こうしたことが起こるたびになにしてるんだろう、自分…と落ち込みます。

 

久々の二連休なのでアマゾンから頼んだものが届いたらお出かけして気分転換しよう。