婚活はじめます日記

26歳、独身女

漫画でわかる大人のADHD

買って読みました。

 

当てはまること多くて驚きです。性格の問題だと思ってました。四半世紀生きて初めて知りました。病院で診断してもらってるわけではないので自分がADHDであると確定したわけではないのですが。

病院行った方がいいのかな?薬もらうほどではないと思う…財政事情的に定期的に病院通って薬を処方してもらってなんてやってたら趣味を全部止めないとお金足りない。趣味全部放棄してまで病院で診断とお薬もらいたくない。

でも今の職場での状況を打破する方法が病院行くくらいしかないというもやもや感。本に書かれている対処法って自分で大部分これまでにやっているのです。高校生くらいからこの性格変えたいなって結構悩んで試行錯誤してたので。

 

なんでこんなこと急に調べたのかって、一緒に仕事してる入社半年くらいの派遣が「自分勝手なあの人(私)とこれ以上組んで仕事できません!無理です!辞めます!」って宣言したぞ、お前もう少しその性格どうにかできないのかと上司に言われたからですね。ネットで性格を直すことを調べてるうちにこの単語にたどり着きました。

ADHDだということを考慮しても自分の態度は大人げなかったと、自分でも振り返って思います。それでも上司には言い訳くらい聞いてほしかったです。もともと嫌われてるから無理か。というか、ただでさえ評判悪いのにさらに悪くなるのか。もう下がり切ったと思ったんだけどな。

でもですね、こんな会話のあとに私が雑用してる間ずっと席に座ってスマホ弄られてたら冷たい態度になりますよ!相手のこと考えずに仕事しますよ!

 

「手が空いたのですが何をすればいいですか」

「それなら備品の補充のお手伝いをお願いしてもいいですか」

「それは私がやらなきゃいけない仕事なんですか?派遣がやる仕事じゃないのでやりません」

「…………それでは、上司に指示をもらってください」

 

たぶん、上司に手が空いたら終業時間まで好きに時間つぶしていいよって言われたのでしょうけれども。他の派遣は手が空いたので手伝いますよって人しかいなかったからその親切に甘えてた部分はありますけれども。けれどもね…!という葛藤。しかもそれから半年(つまり今も)ずっと空き時間スマホ弄ってるのですよ。それ以外にも小競り合いはありましたが、私の中でこの派遣の印象が最悪になった会話がこれだということははっきり覚えています。この人にお手伝いを頼んではいけないと頭に刻んだので。

 

あの派遣とは結局最後まで気が合いませんでしたが、こうして自分がADHDである可能性が高いということを発見できたこと、派遣は契約内容以外の業務はできない(いわゆる備品の補充やゴミ捨てといった雑用)ので向こうから手伝いますよって言われない限りは手伝ってくださいと言ってはいけないのだということを学べたので感謝します。次の人から気を付けよう。